2020-06

メディア・マスコミ・報道

挽歌 「名前のない死者」のため、身命を賭して戦い続けた被災地のある警察官の話。

「誠に申し訳ない」 集まった記者を前に、県警幹部と隣に立つ初老の男が深々と頭を下げる。 顔を上げたその男の表情に後悔の色はない。目には強い光が宿っていた。 死者を悼む詩歌 東日本大震災。2万人を超える犠牲者を出した未曾有の大災害...
タイトルとURLをコピーしました